×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

結婚祝いのご祝儀

結婚祝いのご祝儀はどのぐらいあげればいいのでしょうか。

結婚祝いのご祝儀 |

結婚祝いのご祝儀について

結婚のプレゼントはどうしますか?

結婚祝いというのは結婚をする両家に対してお祝いの意味を込めて贈るものです。この結婚祝いの形には様々なものがありすが、日本では一般的に「ご祝儀」を結婚式会場や披露宴会場で渡すものです。この場合の結婚祝いである「ご祝儀」は、現金で贈るものですが、その金額をいくらにすれば良いのかわからない場合もあると思います。 ご祝儀の金額は特に決められたものはないのですが、一般的には1万円や3万円、5万円といった奇数が用いられる事が多いようです。ただ、奇数でもわが国で縁起が良くない「9」という数字は良くありません。結婚祝いのご祝儀に9千円や9万円を贈る人はいないと思いますが、念のため。 偶数の金額で「4」というのが縁起が良くないというのは広く知られていることです。結婚式のご祝儀にこのような金額を送るのは絶対に避けましょう。その他にご祝儀の金額を決める要素に、結婚をする方やその親族が自分より目上の人か目下の人かや、他の招待客との兼ね合いなどを考慮して贈るようにします。新郎新婦との関係も結婚祝いの金額に影響します。 一般的に親族であれば5万円以上というのが一般的です。結婚という晴れの日に贈るものですから、できるだけ高額のご祝儀を渡したいものですが、無理をして高い金額を包むことも良くありません。一番大切なことは結婚をする2人とその親族に対する気持ちなので、温かい心で結婚祝いを贈るようにしましょう。